第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が14日に各地で行われた。

2回戦でJ2リーグの東京ヴェルディを撃破した法政大学は味の素フィールド西が丘でJ1リーグのガンバ大阪と対戦。臆することなく試合に入り込んだ法政大は24分、田中和樹のパスを受けた大西遼太郎がボックス中央手前から右足でシュート。これがゴール右に決まり、先制に成功する。

さらに、70分には末木裕也の左CKからニアサイドに走り込んだ森岡陸がヘディングで合わせてG大阪を突き放す。試合終盤の猛攻を耐え抜いた法政大が、2回戦に続きまたしても大金星を挙げた。一方、G大阪は昨年の関西学院大学に続き、2年連続で大学生に敗れている。

同じく2回戦で北海道コンサドーレ札幌に金星を挙げたHonda FCは鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでJ2リーグの徳島ヴォルティスと激突。37分に大町将梧が先制点を奪取すると、63分には遠野大弥が追加点を決めて、2-0で勝利した。

また、2回戦で名古屋グランパスに3-0で勝利した鹿屋体育大学は昭和電工ドーム大分でJ1の大分トリニータと対決。後半アディショナルタイムに星雄次に先制点を献上したものの、その2分後に相手のOGで延長戦へ。しかし、試合終了間際に伊藤涼太郎の一撃を浴び、1-2で敗れている。

ニッパツ三ツ沢球技場で開催された横浜F・マリノスと横浜FCの"横浜ダービー"は横浜FMが21分、三好康児がバイタルエリア左からクロスを送ると中川風希が右足で合わせて先制。前半アディショナルタイムには大津祐樹がPKを決めてリードを広げる。65分に齋藤功佑に1点を返されたものの、そのまま逃げ切っている。

Jリーグ王者の川崎フロンターレはシティライトスタジアムでファジアーノ岡山と対峙。後半立ち上がりの46分に中野誠也に先制されたものの、後半アディショナルタイムにレアンドロ・ダミアンの起死回生弾で追いつく。さらに、延長戦の117分に家長昭博に逆転ゴールが生まれ、辛くもベスト16進出を決めている。

現在、明治安田生命J1リーグで首位に対いているFC東京は山梨中銀スタジアムでヴァンフォーレ甲府と対戦。56分に森晃太に一発を浴び0-1で敗れている。

◆天皇杯3回戦結果
川崎フロンターレ(J1) 2-1 ファジアーノ岡山(J2)
ジュビロ磐田(J1) 6-0 ヴァンラーレ八戸(青森)
清水エスパルス(J1) 1-0 アビスパ福岡(J2)
ガンバ大阪(J1) 0-2 法政大学(アマチュアシード)
Honda FC(静岡) 2-0 徳島ヴォルティス(J2)
ヴィアティン三重(三重)(PK:4-5) 2-2 V・ファーレン長崎(J2)
浦和レッズ(J1) 2-1 水戸ホーリーホック(J2)
横浜F・マリノス(J1) 2-1 横浜FC(J2)
サンフレッチェ広島(J1) 2-1 ツエーゲン金沢(J2)
鹿屋体育大学 1-2大分トリニータ
セレッソ大阪(J1) 3-0 レノファ山口(J2)
ヴィッセル神戸(J1) 4-0 大宮アルディージャ(J2)
鹿島アントラーズ(J1) 4-0 栃木SC(J2)
サガン鳥栖 1-0 柏レイソル
FC東京(J1) 0-1 ヴァンフォーレ甲府(J2)
ベガルタ仙台(J1) 1-0 カターレ富山(富山)

なお、ラウンド16の対戦カードは16日(金)に抽選会が行われる。