バルセロナは4日、2019-20シーズンにおけるチャンピオンズリーグ(CL)の選手登録について発表。Bチームに所属する日本代表FW安部裕葵もリストAに登録された。

リストAには最大で25名の選手を登録が可能。うち最低でも2名はGKである必要がある。Bチームの選手では、安部の他に、DFサム・アラウホ、DFフェラン・サルサネダスが登録されており、安部は「37」、アラウホは「33」、サルサネダスは「34」の背番号をつけることになる。

バルセロナは、この3名がリストAに登録された理由に関して発表。安部とアラウホに関しては、クラブの下部組織でのプレーが3年未満であるということ。サルサネダスに関しては、1997年生まれであり、21歳以下の選手が登録されるリストBに登録できないためとしている。

リストBは、21歳以下であること、さらに15歳の誕生日以降、継続して2年以上当該クラブに所属歴がある選手とのこと。 16歳の選手の場合は、2年以上継続して在籍していれば登録可能となる。

なお、UEFA(欧州サッカー連盟)の規則に従い、リストBはCLの初戦の前日までに提出できるとのこと。リキ・プッチやアベル・ルイス、イニャキ・ペーニャらはサルサネダスと条件が異なるため、登録が可能となる。