ガンバ大阪は12日、元日本代表FW播戸竜二(40)との限定的な契約締結を発表した。

契約期間は1日。14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第26節のサガン鳥栖戦前にピッチ上でG大阪の代表取締役社長を務める山内隆司氏とともにセレモニーに出席するというが、詳細は現時点で明らかにされていない。

代表通算7試合2得点の播戸は1998年にG大阪でプロデビュー。コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)や、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、鳥栖、大宮アルディージャを渡り歩き、FC琉球を退団した昨シーズンを最後にフリーの状況が続いている。

G大阪時代は2006年にJ1リーグ16得点を挙げ、Jリーグ優秀選手賞を獲得。在籍6シーズンでJ1リーグ、2度の天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の主要タイトル獲得に大きく貢献した。