日本サッカー協会(JFA)は3日、ブラジル遠征に臨むU-22日本代表メンバーを発表した。

2020年の東京オリンピックに出場する世代となるU-22日本代表には、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)やMF三好康児(アントワープ)、DF原輝綺(サガン鳥栖)、MF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(ズヴォレ)といった6月のコパ・アメリカに参加した選手を招集した。

また、ガンバ大阪からマンチェスター・シティに移籍し、スコットランドのハート・オブ・ミドロシアンでプレーするMF食野亮太郎が世代別代表を通じて、初の日本代表に選出された。

日本は、6日から16日にかけてブラジル遠征を実施。U-22ブラジル代表やサンパウロとの試合を行う。

◆U-22日本代表メンバー
GK
1.大迫敬介(サンフレッチェ広島)
12.谷晃生(ガンバ大阪)

DF
15.渡辺剛(FC東京)
4.町田浩樹(鹿島アントラーズ)
2.立田悠悟(清水エスパルス)
7.原輝綺(サガン鳥栖)
19.古賀太陽(柏レイソル)
17.瀬古歩夢(セレッソ大阪)

MF
3.中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
10.三好康児(アントワープ/ベルギー)
16.森島司(サンフレッチェ広島)
14.三笘薫(筑波大学)
11.遠藤渓太(横浜F・マリノス)
20.食野亮太郎(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド)
5.杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
8.田中碧(川崎フロンターレ)
6.渡辺皓太(横浜F・マリノス)
21.橋岡大樹(浦和レッズ)
22.菅原由勢(AZ/オランダ)

FW
9.小川航基(水戸ホーリーホック)
18.旗手怜央(順天堂大学)