イタリア代表は15日、ユーロ2020予選グループJ第9節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦し、3-0で勝利した。

すでにユーロ本選出場を決めている首位のイタリア(勝ち点24)が、ホームに4位ボスニア・ヘルツェゴビナ(勝ち点10)を迎えた一戦。全勝での予選突破を目指すイタリアは、[4-3-3]を採用。GKにドンナルンマ、4バックに右からフロレンツィ、ボヌッチ、アチェルビ、エメルソン、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにバレッラとトナーリ、3トップに右から ベルナルデスキ、ベラッティ、インシーニェと並べた。

試合が動いたのは21分、左サイド深くでロングパスを受けたベルナルデスキが強引なカットインでボックス内に侵入しマイナスに折り返すと、これを受けたバレッラの落としから最後はアチェルビがシュートをゴール右に流し込んだ。

先制したイタリアは、37分にもボックス右まで切り込んだベラッティのラストパスを受けたインシーニェがツータッチで右足を振り抜く。このシュートが相手DFにディフレクトしそのままゴール左に吸い込まれた。

後半に入っても主導権を握るイタリアは53分、バレッラのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したベロッティがボックス右手前からゴール右にダイレクトシュートを突き刺し、試合を決定づける3点目を奪取。

結局、試合はそのまま3-0で終了。アウェイで3ゴールを奪ったイタリアが、予選全勝をキープしている。

また、同日に行われたグループJ第9節のフィンランド代表vsリヒテンシュタイン代表)は3-0でフィンランドが勝利した。この結果、フィンランドのグループ2位以上が確定し、初のユーロ本選出場を決めた。

◆グループJ順位表
1.イタリア[27/9/25]
2.フィンランド[18/9/7]
3.ギリシャ[11/9/-3]
3.アルメニア[10/9/-3]
4.ボスニア・ヘルツェゴビナ[10/9/0]
6.リヒテンシュタイン[2/9/-26]
青字=予選突破