オーストラリアサッカー連盟(FFA)は19日、今年4月にカンボジアで行われたAFC U-23選手権予選で重大な規律違反を犯した4選手に対する処分を発表した。

今回処分を科されることになったのは、FWラクラン・ウェールズ(メルボルン・シティ)とDFナサニエル・アトキンソン(メルボルン・シティ)、MFブランドン・ウィルソン(パース・グローリー)、MFライリー・マッグリー(アデレード・ユナイテッド)の4選手。

ウェールズとアトキンソン、ウィルソンの3選手に関しては、2020年8月10日までの期間、FFAが管轄するすべてのカテゴリーでの代表活動が禁止に。そのため、来年1月にタイで行われるAFC U-23選手権の出場および、同大会で東京オリンピックの出場権を得た場合も出場が不可能となる。

また、マッグリーに関しては前述の3選手よりも軽い2020年4月1日までの代表活動禁止となった。

さらに、4選手全員には今後FFAによる教育コースの受講及びカウンセリング受療が義務付けられている。

オーストラリア『FOX sports』が伝えるところによれば、前述の4選手は今年4月にカンボジアで一斉開催となったAFC U-23選手権予選グループHの活動最終日に、1人の選手がマッチングアプリ『Tinder』を通じて知り合った女性と接触を図ったという。

その後、不適切な性的交渉、暴行などの申し立ては行われなかったものの、FFAに対して女性側から何らかの苦情が寄せられていたようだ。

これを受けて、FFAは公式な調査に乗り出した結果、元々チーム内で定められていた夜間外出禁止令違反に加え、“プロフェッショナルに相応しくない行為”が確認され、前述の重い処分が科されることになった。