レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールがパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)に言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

PSGで着実にスターダムを駆け上がるムバッペ。その裏でレアル・マドリー行きの噂が取り沙汰され続けており、獲得を希望しているとみられるジネディーヌ・ジダン監督が先日、「彼はレアル・マドリーのためにプレーするのが夢」だと語り、さらに注目度を高めている。

そうしたなか、今シーズンから夢のマドリー入りを実現させ、新たにスペインでのキャリアをスタートさせたアザールがフランス『Le Parisien』のインタビューで、そのムバッペについてコメント。才能を高く評価した上で、飛び交うマドリー入りの噂にも応えてみせた。

「数年後、彼が世界最高の選手になっているのは明らかだ」

「フットボーラーはいつだってベストプレーヤーと一緒にプレーすることを夢見る」

「仮に明日にもキリアンをマドリーに連れるチャンスがあるなら、僕はトライするね」

「でも、それを決めるのは僕だけじゃ無理。そもそも僕がその件の意見を求められることなんてないと思うけどね」