10日、E-1サッカー選手権2019が開幕。中国代表vs日本代表が行われ、1-2で日本が勝利した。

東アジアの王者を決める大会。日本はJリーグ組でメンバーを構成する中、東京オリンピック世代の選手も含めたフレッシュな顔ぶれとなった。

初戦はGKが森保体制では初先発となった中村航輔。3バックを採用し、畠中槙之輔、三浦弦太、佐々木翔が並び、ダブルボランチは井手口陽介、橋本拳人を起用。ウイングバックは、橋岡大樹、遠藤渓太と初招集組を起用。2シャドーに鈴木武蔵と初招集の森島司を置き、1トップに上田綺世を起用した。

立ち上がりは日本がボールを繋ぐ中、中国が前からのプレスでボールを奪い日本ゴールに迫る。

中国ペースで試合が進む中、最初に決定機を迎えたのは日本だった。

15分、左サイドを突破した遠藤がボックス左からクロス。しかし、これは中国DFが対応し、シュートまではいけない。

さらに17分、ボックス左で得たFKから井手口が早いクロスを送ると、中央で三浦がヘッドでフリック。ファーサイドに流れたボールを畠中がダイレクトで合わせる。しかし、このシュートは左ポストに嫌われ、ゴールとはならない。

29分、佐々木の縦パスを受けた上田がヒールパス。これを受けた森島がドリブルを仕掛け、ボックス内から横パスを出すと、飛び込んだ鈴木がダイレクトで蹴り込み、日本が先制する。

先制後も日本は左サイドの遠藤と森島を起点に攻撃を仕掛ける。何度か遠藤がサイドを突破しチャンスを作るが、フィニッシュまで行けず。追加点を奪えないまま前半が終了した。

迎えた後半、互いに交代選手がないままスタート。リードを許している中国が、前半同様立ち上がりから勢いよくプレーしていく。

すると53分、浮き球をボックス内でタン・ロンが落とすと、ミン・ティアンがボックス内右からシュート。これはクロスバーを叩き、日本は事なきを得る。

すると70分、日本は右CKを得ると、井手口のクロスをボックス中央で三浦がヘッド。これがネットを揺らし、日本が追加点を奪う。

リードを2点に広げた日本は72分、鈴木に代わり田川亨介(FC東京)を投入。田川はA代表デビューとなった。

79分、左サイドを仕掛けた遠藤がドリブルでボックス内に侵入。そのまま右足を振り抜くと、鋭いシュートが飛ぶも、わずかに枠の右に外れる。

中国は82分、ボックス左からのFKで高いボールを送ると、ボックス内でルーズボールに。これを最後はタン・ロンがシュートを放つも、わずかに左に外れる。

85分、日本は橋岡に代えて、相馬勇紀(鹿島アントラーズ)を投入。相馬は代表デビューとなった。

中国がボールを保持する中90分、中国がワンチャンスをモノにする。浮き球のパスをドン・ジェシェンがファーサイドでヘッド。GK中村が触るも左ポストを叩いたボールがラインを越え、中国が1点を返す。

更に直後にはドン・ジェシェンがディフェンスラインの裏に抜け出そうとするも、これはオフサイドの判定に。アディショナルタイムにかけては中国が勢いをもってプレーする。

結局そのまま試合は終了。日本が1-2で勝利し、初戦を白星で飾った。