レアル・マドリーに所属するブラジル代表のFWロドリゴ・ゴエスが、尊敬しているチームメイトを教えてくれた。スペイン『マルカ』が伝えている。

ロドリゴは2019年夏にサントスからマドリーに加入した。9月25日のラ・リーガ第6節オサスナ戦でリーグ戦初出場を飾り、同リーグ初得点を決めると、徐々に出場時間が増加。11月6日のチャンピオンズリーグ(CL)第4節のガラタサライ戦ではハットトリックを決め、チームを6−0の大勝に導くなど、覚醒を予感させている。

そんなロドリゴはテレビ番組『Campo de Estrellas』に出演した際、同僚のベルギー代表FWエデン・アザールを尊敬していることを明かした。

「Facebookの壁紙(ヘッダー画像)をアザールにしていたんだ」

「(ガラタサライ戦で)僕が3ゴールを決めた時、アザールが僕に『4点決めるべきだったよ』と言ってきたんだ」

また、ロドリゴは同クラブの監督であるジネディーヌ・ジダン監督に初めて会った時のことや、マドリーからオファーを受けた時のことをこう振り返る。

「ジダンに会った時、自分から握手したよ。プロになる前、よくジダンのプレーをみていたんだ」


いよいよ伝統の一戦クラシコ「バルセロナvsレアル・マドリード」!
12/18(水)深夜3:30〜WOWOWにて現地より生中継!
■詳細・放送スケジュールはこちら>