マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが、レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの問題点を指摘した。スペイン『アス』が伝えている。

今夏にチェルシーから自身の憧れであったマドリー入りを実現させたアザール。だが、相次ぐケガもあってここまで公式戦13試合1ゴール4アシストと期待されていたような活躍は披露できていない。

そんななか、チェルシー時代に共闘したマティッチは、アザールの唯一の課題を主張。それでも時間と共に世界トップクラスのレベルに戻ると期待を寄せている。

「エデン・アザールの唯一の問題は、良い人すぎることだ。とても親切なんだ。順応するのにはもう少し時間がかかるだろうね」

「レアル・マドリーでは最初の2、3ゲームで得点出来なかった場合、上手くプレー出来なかった場合、多くの人が批判をする」

「プレッシャーは大きく、ケガもしたが、これからの5、6カ月、そして来年には再び世界最高の選手の一人になるだろうね」

今週末はラ・リーガ2部で岡崎慎司のウエスカと香川真司のサラゴサが直接対決!
また「スペインサッカー スーペルコパ2020」WOWOWにて独占生中継決定!
■詳細・放送スケジュールはこちら>