チェルシーに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが人種差別の根絶を願った。

リュディガーは22日、敵地で行われたプレミアリーグ第18節のトッテナム戦に先発。2-0の勝利に貢献したが、60分に自身との接触プレーから韓国代表FWソン・フンミンが退場処分を受けると、一部のホームサポーターからモンキーチャントを浴びせられ、人種差別の被害に遭った。

近年のフットボール界に蔓延り、問題視される人種差別被害を受けてしまったリュディガー。これを受けて、トッテナムがすぐさま捜査開始と処分を科す旨の声明文を発表したなか、リュディガーも自身のツイッター(@ToniRuediger)を通じて今回の一件に対する自らの姿勢を綴った。

「フットボールの試合で人種差別が繰り返されるのは本当に辛い。こうやって公の場でそれについて話すことがすごく重要だと思う。そうしないと、数日も経てば、また忘れ去られてしまう」

「僕はトッテナムというチーム全体をこの状況に巻き込みたくない。ほんの数人の愚かな奴らが犯人なのは認識しているからね。SNSを通じて、この数時間でスパーズファンから多くの支持を受けた」

「犯人がすぐに見つかり、罰が科されるのを心から望む。数十台のテレビとセキュリティカメラを完備するトッテナム・ホットスパー・スタジアムのような近代のスタジアムでのことなら、彼らを見つけ、処罰を科せるはずだ」

「それができなかったとしても、スタジアムで事件を目の当たりにしたり、耳にした人間がいるはずさ。人種差別が2019年になってもまだあるなんて、すごく残念。こんなナンセンスはいつなったら終わるんだ?」