かつて鹿島アントラーズや大宮アルディージャの指揮を執った石井正忠氏(52)が23日、サムットプラカーン・シティFC(タイ)の監督に就任した。

現役時代にNTT関東や、住友金属工業、鹿島、アビスパ福岡でプレーした石井氏は1998年の現役引退後、指導者に転身。古巣鹿島のユースからコーチとして指導者業をスタートさせ、2015年7月にトニーニョ・セレーゾ氏の解任に伴い、トップチーム監督に就任した。

その鹿島監督時代の2015〜2016シーズンにかけてJリーグカップやJ1リーグ、天皇杯のタイトルを獲得したが、2017年5月に成績不振で退任。2017年11月から大宮監督の座に就いたが、2018シーズン終了後に指揮官を辞した。

サムットプラカーン・シティFCはタイ1部クラブ。今シーズンは1月にクラブダイレクターに就任したサンフレッチェ広島元強化部の村山哲也氏(45)が6月から監督として指揮を執り、6位でフィニッシュした。