藤枝MYFCは28日、FC今治から期限付き移籍で加入しているDF片岡爽(27)を完全移籍に切り替えたことを発表した。

片岡は2015年に筑波大学から今治に入団。今シーズンは藤枝に期限付き移籍で加入し、明治安田生命J3リーグに5試合出場した。

藤枝への完全移籍が決定した片岡は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆藤枝MYFC
「藤枝MYFCに完全移籍加入する事になりました 片岡爽です。今シーズンもたくさんのご支援、ご声援ありかとうございました。来年は、今年届かなかった優勝、そしてJ2昇格を必ず成し遂げましょう。より多くの皆さんと、共に喜び合える事を楽しみにしています。藤枝MYFCに関わる皆さま、改めてよろしくお願いします」

◆FC今治
「FC今治に関わる全ての皆さん。このたびのJ3昇格、本当におめでとうございます。多くの方々の念願だったJリーグのチームが今治に誕生し、僕自身もとても嬉しいです。そして僕はFC今治を退団する事になりました。4年間支え続けて下さった皆様、本当にありがとうございました」

「リスタートから4年間、このFC今治という唯一無二のクラブに関わる事ができ、誇らしく思います。桜井の近すぎる観客席や、あそこに2,000人を超えるサポーターが駆けつけてくれた時の熱量、試合に勝つとピッチの上でサイン会や写真撮影が始まる自由さ、JFLに昇格できなかった時の悔しさ、 昇格できた時の興奮と安堵感、満員の夢スタ柿落としの光景、子供から年配の方まで一緒になって応援してくださる姿。ずっと忘れません」

「こうして今治の人と街が大好きになれたのも皆さんのおかげです。たくさんの方々が僕達に寄り添って応援してくださり、自分が何者か勘違いしてしまうぐらい色んな方から声をかけて頂けるようになりました。地域の方々と一緒になって盛り上がっていく様子を肌で感じながら、素晴らしい雰囲気の中でサッカーができ本当に幸せでした」

「そして、今年のアウェイ戦で讃岐まで駆けつけてくださった皆さん。皆さんの顔を見てとても嬉しくなり、自分がどこへ行こうともこれだけの方々が応援してくれるのだと自信にもなりました。感謝しています。これからも今治にしか無い景色や雰囲気そして人を大切にしながら、ますますの今治全体の繁栄を願っています。僕もより一層精進していきます。
ありがとうございました」