かつて鹿島アントラーズに在籍し、現在はポルトガルの名門・ベンフィカに所属するブラジル人FWカイオ(25)だが、UAEに戻る可能性が高いようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。

カイオは、2011年に千葉国際高校への留学で来日。2014年に鹿島アントラーズへ入団すると、1年目から主力として活躍。J1リーグで30試合に出場し8ゴールを記録し、初年度にJリーグベストヤングプレーヤー賞を獲得。2年目には2けた得点を記録すると、2016年7月にUAEのアル・アインに活躍の場を移した。

アル・アインでも主力としてプレーしたカイオは、2019年7月に満を持してベンフィカへと完全移籍。しかし、ベンフィカでは今シーズンのプリメイラ・リーガで4試合に出場し1得点、チャンピオンズリーグで3試合に出場するにとどまっていた。

ベンフィカではまだ順応する段階ではあるものの、期待値よりは遥かにパフォーマンスは悪く、再びUAEに戻る可能性が報じられている。

カイオの獲得に興味を示しているのは、古巣のアル・アインと、アル・ワフダの2チームとみられているが、この移籍市場でどのような決断を下すだろうか。