パリ・サンジェルマン(PSG)が、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(28)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

今シーズン限りでブラジル代表DFチアゴ・シウバが契約満了となるPSG。契約延長のオファーを出す可能性が報じられているが、今のところ具体的な動きはなく、今夏にフリーで退団することが指摘されている。

その状況にPSGのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が、T・シウバの後継者としてクリバリに関心を示しており、移籍金7000万ユーロ(約85億5000万円)を用意しているという。さらに、選手には現在の年俸である700万ユーロ(約8億5000万円)を上回る1200万ユーロ(約14億6000万円)の4年契約を準備しているようだ。

昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドが1億ユーロ(約122億1000万円)のオファーをナポリに拒否されているが、現在、クリバリの市場価値は下がっている模様。だた、同選手にはマンチェスターの両クラブやレアル・マドリーなど複数クラブが関心を示しており、争奪戦を展開しているとのことだ。