スロベニアのオリンピア・リュブリャナは20日、ラトビア代表DFビターリース・マクシメンコ(29)との契約解除を発表した。クラブ公式サイトが発表した。

なお、この契約解除は他クラブとの契約締結が前提とされており、マクシメンコは21日に来日。大宮アルディージャのメディカルチェックを受けることも発表されている。

マクシメンコは、母国のダウヴァガ・リガやスコント・リガでプレー。また、CSKAモスクワのセカンドチームにも所属した過去がある。

2013年1月にイングランドへ渡り、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに加入すると、ヨービル・タウンやスコットランドのキルマーノック、オランダのVVVフェンロでプレー。2015年7月に母国のリアパーヤへと移籍した。

2015年8月からはオーストリアのマッテルスブルクに移籍。2017年7月にポーランドのテルマリツァ・ナイサイクザーへ移籍すると、オリンピアでは2018年7月からプレーしていた。

ヴィルスリーガ(ラトビア1部)では87試合に出場し3ゴール3アシスト。プルヴァリーガ(スロベニア1部)では42試合に出場し2得点を記録。オーストリア・ブンデスリーガでも37試合に出場し1アシストを記録していた。

2019-20シーズンはプルヴァリーガで13試合、ヨーロッパリーグ予選で1試合に出場していた。

また、2013年からラトビア代表としてもプレー。これまで51試合に出場し1ゴールを記録。昨年のユーロ2020予選にも両サイドバックやセンターバックで主力としてプレーしていた。

なお、大宮に加入となれば、Jリーグ初のラトビア人選手となる。