イタリア人指導者のアルベルト・ザッケローニ氏(66)がイタリアのラジオ『TMW Radio』でいくつかのテーマに応えていくなかで、日本代表監督復帰の可能性を否定したという。イタリア『TUTTO mercato WEB』が報じた。

ザッケローニ氏はミランやインテル、ユベントスといった母国の名だたるクラブの監督を歴任後、2010年8月から日本代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)まで日本を率い、大会終了後に退任した。

それから年月を経て、森保一監督が指揮官を務める日本。だが、内容、結果ともに伴わない状況も相まって、進退を問う周囲の声も強まりつつある。そんななか、ザッケローニ氏が日本代表復帰の可能性について話した。

ザッケローニ氏は日本やUAEで代表監督を務めた経験をどう定期づけているのかを問われると、「(代表監督という職は)毎日のように指揮を執るクラブとはわけが違う」と話し始め、こう続けた。

「私にとって、ポジティブな経験だった。仕事面でも、人生面でもね。3月に戻る可能性を指摘した記事を読ませてもらったが、否定する。行くなら、ツーリストとしてだ」