チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは29日、シェフィールド・ユナイテッドのアイルランド代表FWカラム・ロビンソン(24)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。

アイルランド代表として9試合の出場歴を持つストライカー兼ウインガーのカラム・ロビンソンは、アストン・ビラの下部組織出身で、2013年9月にプロデビュー。その後、プレストン、ブリストルへのレンタル移籍を経て、プレストンで頭角を現した。そして2019年7月、シェフィールド・ユナイテッドにクラブ史上最高額の800万ポンドで加入。だが、今季ここまでプレミアリーグで16試合の出場で1ゴール2アシストと結果を出せていなかった。

移籍先のWBAは現在、29試合を消化したリーグ戦で2位と好位置に付けている。