ザルツブルクは3日、バーゼルのスイス代表FWノア・オカフォル(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。

左右のウイングでプレーするレフティーのオカフォルは、バーゼルの下部組織出身で2018年5月にプロデビュー。それ以降、バーゼルでは公式戦54試合に出場して7ゴール5アシストを記録。今季はここまで公式戦24試合の出場で3ゴール2アシストを記録していた。また、2019年6月にはスイス代表デビューを飾っていた。

ザルツブルクでは攻撃の核であったFWアーリング・ハーランドがドルトムントへ、MF南野拓実がリバプールへそれぞれ1月に移籍していた。