バルセロナの神童U-21スペイン代表FWアンス・ファティ(17)がまたしても新たな記録を作った。

ファティは2日に行われたラ・リーガ第22節のレバンテ戦に先発出場。すると30分、FWリオネル・メッシのスルーパスに抜け出して、GKの股を抜く冷静なシュートで先制点を奪うと、その1分後にもメッシからのパスを受けて、ボックス左から再びGKの股を射抜いて2ゴールを決めて、2-1での勝利に導いた。

これにより、リーガ史上最年少(17歳94日)での1試合2ゴールを記録したが、2019年8月に16歳295日でデビューして以降、様々な最年少記録を塗り替えている。