ホモフォビア(同性愛嫌悪)にあたるジェスチャーを行ったウェストハムサポーター2人が逮捕された。イギリス『BBC』が伝えている。

事件が起こったのは、1日に行われたプレミアリーグ第25節のウェストハムvsブライトン戦。試合会場のロンドン・スタジアムに訪れたウェストハムサポーターの男性2人が、ホモフォビアのジェスチャーをした疑いで逮捕された。

また、この試合では別のサポーター1人が暴行の疑いで逮捕されている。

彼らはすでに釈放されているものの、調査は継続中とのことだ。

人種差別がなくならない中で、性差別も起こる事態はしばしばある。プレミアリーグは「Rainbow Laces Campaign」として、同性愛への偏見や差別をなくすための運動を行なっており、シューレースなどをレインボーカラーにするキャンペーンが行われていたが、それでもなくならないのが現実だ。

この件に関しウェストハムは声明を発表。差別という括りには変わらず、いずれも根絶していく構えを示した。

「ウェストハム・ユナイテッドは、ブライトン&ホ−ヴ・アルビオンとの試合で、ホモファビアの疑いがある事件を聞き、遺憾に思っている」

「問題は現在警察に委ねられているが、差別的な行為をしたと認められたものは、ロンドン・スタジアムへ出入り禁止となり、クラブに関わることが許されなくな流でしょう」

「クラブのスタンスは明確です。私たちはあらゆる形態の差別に対して厳しいアプローチを取っています」

「平等と多様性はフットボールクラブの中心にあり、ロンドン・スタジアムに入場するすべての人が自由に楽しめるようにし続けることを約束します」

同様の同性愛嫌悪は別のスタジアムでも起きている。昨年12月にはブライトンvsウォルバーハンプトンの試合中に、2人のサポーターが逮捕。エバートンvsチェルシーではチェルシーファンに向けて同性愛嫌悪のチャントが歌われた疑いがある。

また、1月には、ブライトンvsチェルシーの試合でホームとアウェイのサポーター1名ずつが退場となっていた。その他、チャンピオンシップ(イングランド2部)のミルウォールとレディングの試合では、ホモファビアのチャントが歌われた結果、主審の判断で試合が一時中断していた。