欧州主要リーグの冬の移籍期間が1月31日で終了。新天地ですでに結果を残している選手もいる中、移籍市場で最もお金を使ったのはどこのクラブなのだろうか。『Transfermarkt』の情報をもとに算出した。

プレミアリーグからデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、元イングランド代表MFアシュリー・ヤングらを積極補強したインテルや注目株のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスを獲得したマンチェスター・ユナイテッドなども候補に挙がる中、最もお金を使ったのは…。