負傷離脱中のレアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールがNBA観戦に訪れていたようだ。

アザールは2月22日のレバンテ戦で負傷。右足腓骨の亀裂骨折と診断され、5日にアメリカのダラスで手術を行っていた。

以前からNBAの熱狂的なファンとして知られるアザールは、そのダラスで思いがけない出会いがあったようだ。