2019年12月に行われた“マンチェスター・ダービー”で人種差別の疑いで逮捕された男が起訴された。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドによる“マンチェスター・ダービー”は、2019年12月7日にエティハド・スタジアムで行われた。

試合は前半に2点を先行したユナイテッドがシティの反撃を1失点で凌ぎ切り、今シーズン初のダービーマッチを勝利で飾っていた。

そんな中、試合中にユナイテッドのブラジル代表MFフレッジがキッカーを務めようと右CKフラッグに歩み寄った際、シティサポーター側のスタンドから差別的な言葉が飛び、物も投げ込まれる事態に。その物の1つがフレッジに直撃していた。

マンチェスター警察は12月8日に建設会社『Kier Group』に勤務する41歳の男、アンソニー・パークを拘束。その男が正式に起訴されることとなった。

なお、4月15日にマンチェスター&サルスフォード治安判事裁判所に出頭する。