チェルシーに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが新型コロナウイルス(COVID-19)に関連するアフリカへの地域差別に憤りを見せた。

現在、世界中で深刻な健康被害をもたらしている新型コロナウイルス。すでに感染者数は全世界で100万人を超えており、終息の目途は全く立っていない。

そんな中でフランスのテレビ『La Chaine Info』では2人のフランス人医師が新型コロナウイルスの治療法に関して言及。

その議論の中では「批判を受けるような言い方になるが、試験的な治療はアフリカで行われるべきではないだろうか」、「その意見は正しいと思う。そういった提案を受けているし、真剣に検討している。現在、我々はBCGワクチンに関しても同様にアフリカでの治験を検討している」と、アフリカを治療のための試験場にすべきとの物議を醸す発言があった。

そして、今回の両医師の発言に関しては国内外を中心に、アフリカへの地域差別や人種差別、先進国の発展途上国に対する傲慢な態度などと批判が殺到。

シエラレオネ人の母親を持ちアフリカにルーツがあるリュディガーも今回の発言に怒りを見せている1人だ。

同選手は自身の公式SNSを通じて、「2人のフランス人医師がアフリカでCovid-19のワクチンの実験を進めることをテレビ番組で提案している。彼らはまるでアフリカの人たちを動物のように扱っている。恥ずべき発言だ」と怒りのコメント。

続けて「これは最大級の侮辱的な発言であり、すべての黒人に対する恐ろしい声明のようなものだ。そういった発言がなぜフランスのテレビで放送されることが許可されているんだ」と、フランスのテレビ局でこういった不適切な発言が放送されたことに関しても不満を露わにしている。

なお、今回の発言に対してはアフリカフットボール界のレジェンドである元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏は、「こういった卑劣で虚偽の酷い人種差別的な言葉に対して強く非難したい。アフリカの人たちを人間のモルモットにしないでほしい。それは絶対に許さない」と公式SNSで怒りを露わにしていた。