契約問題で訴訟を起こされていたスポルティング・リスボンは、すでにその補償金を支払ったようだ。

問題となっていたのは、現在はボローニャで指揮を執るシニシャ・ミハイロビッチ監督との雇用に関するもの。ミハイロビッチ監督は、過去に9日間で解雇されるという不当な扱いを受けていた。

ミハイロビッチ監督は、現役引退後、サンプドリアやミラン、トリノで監督を務めると、2018年6月18日にスポルティング・リスボンの監督に就任することが発表されていた。

当時のスポルティングは、大きな混乱の中にあり、2018年5月には練習場で選手が襲撃される事件が起こるなど、ファンとの関係が悪化。主力選手の退団希望が相次いでいた。

ミハイロビッチ監督との契約は、ブルーノ・デ・カルバーリョ会長が主導していたものの、監督就任直後に就任したソウザ・シントラ新会長が不満を訴え、わずか9日で解任の憂き目に遭っていた。

ポルトガル『A Bola』によると、ミハイロビッチ監督は不当解雇だとして訴訟を起こしていたが、この度補償金が支払われたとのこと。その額は、300万ユーロ((約3億5000万円))になったという。