アンタルヤスポルに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が、アーセナルのミケル・アルテタ監督を支持している。イギリス『メトロ』がコメントを伝えた。

ヴィッセル神戸でもプレーしたポドルスキは、今シーズンは舞台をトルコに移している。しかし新型コロナウイルス (COVID-19)により、スュペル・リグは中断。6月の再開に向けて協議を重ねているところだ。

その期間を利用し、ポドルスキはアーセナルOBでありコメンテーターとしても活躍しているイアン・ライト氏のYouTubeチャンネルで取材に応じている。その中で話題は2人の古巣となり、ポドルスキは現状のアーセナルをこのように分析している。

「レベルが上がったように見えるよ。良く走ることと闘争心がその理由だね」

「このチームとその可能性を生かして、毎年チャンピオンズリーグでタイトルを争う必要がある」

「僕はミケル (・アルテタ)が来シーズンに素晴らしい成績を収めることを願っている。そのために(クラブ側も)投資も必要だと思うよ」