ドルトムント所属のノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(19)が、自身のゴールパフォーマンスが一躍有名になったあの一件についてコメントしている。

ハーランドはゴールパフォーマンスとして座禅を組むヨガのポーズをとることで有名だ。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のファーストレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦でも、勝利に導く2ゴールを挙げた際に同じセレブレーションを行っていた。

その後、セカンドレグの前日にハーランドが『Snapchat』にネイマールやPSGの選手たちを挑発するような投稿をしてしまい、相手を感情を逆なで。迎えたセカンドレグでPSGがゴールを決めた際、選手らはハーランドのゴールパフォーマンスを真似し挑発し返した。

さらに、試合後もヨガのポーズを写真に撮りSNSに投稿されるなど倍返しの餌食に。

試合も逆転でのベスト16敗退を喫したが、ハーランドは意に介していない模様。アメリカ『ESPN』のインタビューで大人な対応を見せている。

「彼らが僕の代わりに瞑想を世界に広めてくれた。世界に瞑想を広げていくのはとても大事なことだからね。とてもありがたいよ」

この発言が終止符となるのかは微妙なところだが、若気の至りでスター軍団の闘争心を燃え上がらせてしまったハーランドにとっては、今後の良い教訓となったのかもしれない。