グラナダに所属するベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラに新型コロナウイルスの陽性反応が出たようだ。地元紙『El Ideal de Granada』が伝えた。

クラブが6日に実施したPCR検査で陰性が確認されたというエレーラ。しかし、ラ・リーガが1部と2部の合計42クラブ、1955人を対象に行われたテストで、陽性と確認されてた模様だ。

『El Ideal de Granada』によればエレーラは無症状な状態で、来週にもさらなる精密な検査とメディカルチェックを実施するとのこと。ただ、グラナダの練習には参加できず、チームメイトとの接触を避けるため、数日間は自宅で隔離措置をとるとのことだ。

なお、ラ・リーガ主催の検査では、これまでアトレティコ・マドリーのブラジル人DFレナン・ロージやレアル・ソシエダのスペイン人GKアレックス・レミロにも新型コロナウイルスの陽性反応が確認されており、エレーラは同テスト3人目の感染者となった。