ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(25)の契約延長が近づいているようだ。イタリア『calcioomercato.com』が報じている。

伝えられるところによると、現行契約から4年延長する格好で新たに2025年までの契約を結ぶ見込みとなっている模様。年棒は2倍の200万ユーロ(約2億3200万円)、契約解除金は1億ユーロ(約116億円)に設定されるようだ。

2016年夏にウディネーゼから加入したジエリンスキ。1年目からレギュラーに定着すると、現時点で公式戦178試合に出場。今季もここまで35試合に出場しており、指揮官交代で揺れたチームにおいて絶対的な立場を築いている。

なお、『calcioomercato.com』によると公式発表は2週間以内になされる見込みで、FWドリエス・メルテンスやDFカリドゥ・クリバリ、FWアルカディウシュ・ミリクなど多くの主力選手の退団が噂されるナポリにとって、心強い知らせとなりそうだ。