ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの父が、エバートンのイタリア代表FWモイゼ・ケアン(20)のローマ移籍を勧めているようだ。

ユベントスで若くして頭角を現し、将来を嘱望されていたケアン。今シーズンからはエバートンに移籍しプレミアリーグに初挑戦も、ここまでリーグ戦23試合で1ゴール2アシストと鳴かず飛ばず。さらには、ロックダウン(都市封鎖)の渦中にイングランドでハウスパーティを行うなど規律を損なう態度にクラブが愛想を尽かし、放出を画策しているとの報道が出ている。