ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は14日、ブンデスリーガの1部と2部の計36クラブによるテレビ会議を行い、今季の残り試合はこれまでの3人交代制から5人に拡大することを決定した。

これは今後予想される過密日程や気温が上昇する厳しいコンディションでのプレーを考慮してのものとのことだ。

また、DFLは新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが局所的に起こった状況を想定し、開催地の急遽変更が強制的に行われることも確認した。

16日から欧州主要リーグの先陣を切って再開するブンデスリーガだが、選手の安全を第一に試行錯誤しつつ歩みを進めていく。