トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、プレミアリーグの選手たちが不当な批判を受けていると主張した。イギリス『BBC』が伝えている。

4月に、イギリスのマット・ハンコック保健大臣は、プレミアリーグの選手たちは「給与カットをして自分たちの役割を果たす」べきだと述べていた。