バルセロナのレジェンドで、アル・サッドの指揮官であるチャビ・エルナンデス氏が、バルセロナが関心を示す2選手についてコメントした。イギリス『ミラー』が伝えている。

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜となりえる、ストライカー補強の必要性が訴えられているバルセロナ。数多くいる候補の中には、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(30)や、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(28)らの名前が挙がっている。