1月の移籍市場でザルツブルクからドルトムントへ加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(19)だが、ユベントス行きの可能性があったようだ。

ハーランドは、2019年1月に母国のモルデからザルツブルクへと完全移籍。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで14試合16ゴール6アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で6試合8ゴール1アシストと驚異的なパフォーマンスを見せた。

その活躍ぶりはヨーロッパのビッグクラブの視線を一気に集めた中、1月に選んだ移籍先はドルトムントだった。

引く手数多であったハーランドには、ユベントスも獲得に興味を示していたが、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が断っていた理由をイタリア『ラ・レプブリカ』で暴露した。

「なぜ、ハーランドはユベントスへ移籍しなかったのか? きっと彼らは、U-23チームに入れていた可能性もあるだろう」

選手層の厚いユベントスは、若手選手を獲得しても出場機会が限られることやレンタル移籍に出されるケースも多い。

ユベントス行きを断ったハーランドは、ドルトムント移籍後も活躍。ブンデスリーガでは9試合に出場し10ゴール3アシストを記録。16日に再開したブンデスリーガでは、ファーストゴールを記録するなど、移籍先選びは大成功だったと言えるだろう。

なお、ハーランドには2021年7月のタイミングで契約解除条項が7500万ユーロ(約87億3300万円)に設定されており、ユベントスはそのタイミングで獲得する可能性もありそうだ。