レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)の代理人であるジョナサン・バーネット氏が、ベイルのメジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍話を否定した。スペイン『ESPN』が伝えている。

今シーズンここまで18試合で3ゴールと調子の上がらないシーズンを過ごしているベイル。中国への移籍の話が進んでいたとの報道が出るなど、マドリー退団の噂が絶えない状態が続いている。