ビッグクラブが関心を寄せるヘント所属のカナダ代表MFジョナサン・デイビッド(20)が、ドイツ『スカイ・スポーツ』の取材でステップアップを示唆した。

ハイチ人の両親のもと、ニューヨークで生まれ育ったデイビッド。6歳の頃にカナダへ移住し10歳でサッカーを始めると、2018年1月に母国のクラブからヘントに移籍した。

昨季後半から頭角を現し、新型コロナウイルスによるリーグ打ち切りが決定した今季は27試合で18ゴール8アシストという得点ランクトップタイとなる見事な成績を残した。本職は攻撃的MFながら、驚異的なスピードを生かしてセンターFWとして起用される試合も多く、他にもウイングも器用にこなす特徴を持っている。

カナダ代表でもすでに12試合で11ゴールを挙げる逸材に欧州中のビッグクラブが注目するようになると、その情報はデイビッド本人にも届いた。『スカイ・スポーツ』のインタビューでは「驚いた」としながらも今夏のステップアップを望んでいることを隠さなかった。

「ビッグクラブがこんなに早くから僕に興味を持ってくれるとは思わなかった。本当にびっくりだけど次のステップに進むことができると思う」

「さらに成長して自分のポテンシャルを発揮できるクラブへ移籍するタイミングだ。今の僕に最も適したリーグはブンデスリーガだ」

「テンポとフィジカルという面ではベルギーリーグと似ているところがある。でも明らかにドイツの方が質が高く、競争も激しいよ」

デイビッドにはバイエルンやボルシアMGなどからも関心が伝えられており、バイエルンにとっては同年代で活躍する同胞のFWアルフォンソ・デイビスも在籍していることがアドバンテージとなるかもしれない。