アカデミー時代から過ごすロサリオ・セントラルで2005年にプロデビューを果たしたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア。ベンフィカやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドを経て、2015年からパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーしている。

今年2月の誕生日で32歳になったディ・マリアは、いまだチャンスメーカーとして抜群の存在感を誇り、プレースキックでもその左足の正確さを見せつけている。

今回はディ・マリアがPSGで決めたFKを5つ紹介する。