バルセロナを指揮するキケ・セティエン監督が獲得に動いていると噂されているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(28)に言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。

ネイマールの連れ戻しに向けて、以前からその動きが取り沙汰されているバルセロナ。しかし、新型コロナウイルスの影響による経済的打撃の表面化も受けて、1億5000万ユーロ(約176億円)といわれる移籍金が障壁となっている。

それでも、セティエン監督は『beIN Sports』で「ネイマールを指導できたらとても嬉しい。彼は並外れたレベルの選手で、疑いの余地はない」とブラジル代表FWの指導に前向きな姿勢をみせている。

また、セティエン監督は放出が噂されるクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)についても言及。「彼が我々と一緒にいる間、私はラキティッチを頼る」と戦力であることを主張している。