アーセナルに所属する元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)が今季終了後に退団する可能性が高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

同メディアによれば今季アーセナルと契約を結んだD・ルイスは、複数メディアで報じられていた2年契約ではなく1年契約だったとのことだ。そしてアーセナルは高額年俸のD・ルイスと契約延長交渉を行っていないという。

とはいえ、今季の公式戦32試合に出場している主力DFをミケル・アルテタ監督は高く評価しており、クラブにはD・ルイスの残留を要請しているとみられる。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で大幅な収入減が見込まれるが、アーセナルはD・ルイスを引き留めることができるか。