ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが今週末のゲームを欠場する模様だ。

ハーランドは26日にホームで行われたブンデスリーガ第28節のバイエルン戦(0-1でドルトムントが敗戦)に先発したが、トビアス・スティーラー主審との交錯でヒザを痛めて、72分にピッチを退いた。

交代後、右ヒザにテーピングを巻いてピッチ上の戦況を固唾をのんで見守ったハーランド。試合後のルシアン・ファブレ監督から軽傷を予想する声が挙がったが、次戦の出場が難しい状況のようだ。

ドイツ『ビルト』は31日に敵地で行われる第29節のパーダーボルン戦を欠場すると主張。ドイツ『キッカー』も重傷でないものの、数日間の休養が必要であり、次節をスキップすると報じている。

また、『キッカー』によれば、6月6日に行われる第30節のヘルタ・ベルリン戦は出場できる見通し。ベルギー代表MFトルガン・アザールやドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの代役起用があり得るという。

ハーランドは今冬に加入して以降、ブンデスリーガ11試合に出場して10得点。ドルトムントは首位バイエルンとの直接対決に敗れ、7ポイント差に広がっただけに、早期の戦線復帰が期待される。