元アルゼンチン代表FWのエルナン・クレスポ氏にとって、理想の指揮官像はかつての恩師であるジョゼ・モウリーニョ氏(現トッテナム監督)のようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

現役時代に名ストライカーとして名を馳せたクレスポ氏は2012年に現役引退。2003〜2008年にかけて在籍したチェルシー時代や、インテル時代にモウリーニョ氏の指導を受けたが、重宝されなかった。

しかし、引退後から指導者キャリアをスタートさせ、アルゼンチン1部リーグを戦うデフェンサ・イ・フスティシアの監督を務めるクレスポ氏は現役時代の恨みなどなく、むしろ指揮官の手本として好意を抱いているようだ。

「ジョゼはトップレベルの指揮官になるための道を示してくれた人物。それはスタメンの選び方だけじゃない。ジャーナリストや役員、選手、スタッフとのコミュニケーションなど、360度の全てを理解することや、監督がそれら全てのグループの真ん中にいることを教えてもらったんだ」

また、今後についても「プレミアリーグは以前よりも優れており、成長し続けている。監督としてチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)か、プレミアリーグに参加したい」と述べ、イングランド復帰の目標も明かした。