アジアサッカー連盟(AFC)は18日、10月に予定されているAFC U-19選手権の組み合わせ抽選会を実施した。

同大会は10月14日(水)〜10月31日(土)までウズベキスタンで開催。日本は、グループBに入り、韓国、イラク、バーレーンと同居することとなった。

なお、上位4チームは2021年にインドネシアで行われるU-20ワールドカップの出場権を獲得する。

◆AFC U-19選手権組み合わせ
【グループA】ウズベキスタン、インドネシア、カンボジア、イラン
【グループB】韓国、日本、イラク、バーレーン
【グループC】サウジアラビア、オーストラリア、ベトナム、ラオス
【グループD】カタール、タジキスタン、マレーシア、イエメン

なお、本大会においてインドネシアが上位4チーム以内に進出した場合は準々決勝で敗戦した4チームによるプレーオフを実施。勝者は5位チームとしてFIFA U-20 ワールドカップ インドネシア2021の出場権を獲得することとなる。

今回の組み合わせ結果を受けてU-19日本代表の影山雅永監督がコメントしている。

「どのグループも厳しい組み合わせとなり、ノックアウトステージを含め、全試合が厳しい戦いになることが予想されます。我々は、来年インドネシアで行われるFIFAU-20ワールドカップの出場権を獲得するため、チームコンセプトの『相手から嫌がられるチーム』、『上手いより強いチーム』を徹底し、毎試合全力でプレーをし、勝利を掴み取りたいです」

「新型コロナウィルスの影響で日本国内でのスポーツ、サッカーを取り巻く環境も非常に難しい状態であり、U-19日本代表チームもなかなか活動できない状況ですが、今月末からのJリーグの再開予定もあり、少しずつ日常へ戻りつつあります」

「10月のAFCU-19選手権に向けては、多くの準備をすることは難しいかもしれませんが、全国で育てて頂いたこの年代を代表する選手を率いて、一日も無駄にすることなく、意義のあるトレーニングや試合を重ね、選手たちとともに世界で戦う権利を得たいと思います」