今週ミッドウィークに行われた第29節では首位のバルセロナ、2位のレアル・マドリーが揃って快勝し、再開後も好調を維持。一方、第2集団は前節に続き取りこぼしが目立った中、今季最多5ゴールの大爆発を見せたアトレティコ・マドリーが4位に浮上している。

各チームがほぼ中2日、3日での過密日程を強いられている中、今節は首位のバルセロナと3位のセビージャ、2位のレアル・マドリーと5位のレアル・ソシエダが対峙する2つの上位対決に注目が集まる。

前節、FWメッシの2試合連続ゴールの活躍などにより格下レガネスにきっちり勝ち切ったバルセロナは、再開後2戦連続複数得点にクリーンシートと上々の再スタートを切っている。とはいえ、対戦相手はいずれも降格圏のチームであり、サンチェス・ピスファンに乗り込む今回の上位対決で真価が試されることになる。

ここまでセティエン監督は過密日程を考慮して積極的にターンオーバーを図っているが、今節ではDFセルジ・ロベルト、MFデ・ヨング、DFユムティティと3人の主力クラスがケガの影響で招集外となっており、各選手の疲労と共にやや難しいやりくりを強いられそうだ。そういった中、3戦連発が期待されるメッシと共に、復帰後初ゴールが期待されるFWスアレス、不振が囁かれるFWグリーズマンと前線の役者の働きに期待したい。

一方、対戦相手のセビージャは再開初戦のセビージャ・ダービーで快勝も前節のレバンテ戦では試合終盤のオウンゴールよって逃げ切りに失敗し、痛恨のドローとなった。今節の結果次第で2ポイント差のアトレティコに抜かれる可能性があるだけに、前回対戦で0-4の大敗を喫した苦手な相手に対して何とか勝ち点を得たいところだ。

バルセロナ同様に2連勝で2ポイント差を維持するレアル・マドリーは前節、バレンシア相手に3-0の快勝。エースFWベンゼマのドブレーテに加え、今季開幕前に前十字じん帯断裂の重傷を負ったFWアセンシオが復帰戦で早速ゴールを挙げる鮮烈な活躍をみせ、難敵相手に実りある勝利となった。ただ、直近2試合はいずれもホームゲームであり、再開後初のアウェイゲームとなるソシエダ戦では多くの制限がある遠征の影響などが懸念材料となる。ただ、対戦相手は再開後1敗1分けとパフォーマンスを低下させており、3-1で勝利した前回対戦と比べても戦い易いかもしれない。

前節、オサスナ相手にFWフェリックスのドブレーテなど、シーズンを通じて課題とされた得点力不足を解消する大勝を飾ったアトレティコは、15位のバジャドリーを相手に連勝を狙う。再開後は前節のFWジエゴ・コスタに加え、MFカラスコ、FWモラタとアタッカー陣に満遍なくゴールが生まれており、今夏の獲得候補と見られるDFサリスを擁するアウェイチーム相手に今節は誰がゴールをこじ開けるか。

FW久保建英、MF乾貴士を擁する18位のマジョルカと、16位のエイバルは再開後初白星を目指し、それぞれ最下位のレガネス、6位のヘタフェと対戦する。

リーグ戦5試合連続スタメンを飾っている久保だが、前節のビジャレアル戦ではやや消化不良のプレー内容となっており、残留を争う直接のライバル相手にその鬱憤を晴らすような活躍を期待したい。一方、アスレティック・ビルバオとの自治州ダービーで出場機会がなかった乾は、先発起用の可能性は低いものの、上位相手の一戦でポジション奪取に繋がるパフォーマンスを期待したい。

《ラ・リーガ第30節》
6/19(金)
《26:30》
グラナダ vs ビジャレアル
マジョルカ vs レガネス
《29:00》
セビージャ vs バルセロナ

6/20(土)
《21:00》
エスパニョール vs レバンテ
《24:00》
アスレティック・ビルバオ vs ベティス
《26:30》
ヘタフェ vs エイバル
《29:00》
アトレティコ・マドリー vs バジャドリー

6/21(日)
《21:00》
セルタ vs アラベス
《26:30》
バレンシア vs オサスナ
《29:00》
レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー