チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがRBライプツィヒから加入するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの加入に言及した。

チェルシーは18日、ライプツィヒのエースとして通算93ゴール40アシストの数字を誇り、今夏の人気銘柄として動向に注目を集めたヴェルナーとの加入合意を発表。ヴェルナーはアヤックスのモロッコ代表MFハキム・ジイェフに続く来季の新戦力となり、今夏の移籍市場開幕前からチェルシーの積極的な補強が際立っている。

ヴェルナーが加わる来季、より熾烈なポジション争いを強いられることになるジルーだが、イギリス『ガーディアン』のロングインタビューで「彼は(チェルシーにとって)すごく良いサインになるだろう。ストライカー陣のモチベーションも上がるだろうね」とコメント。チェルシーのヴェルナー獲得に歓迎姿勢を示した。

また、移籍が予想されながら先月末に今季限りで満了予定だった契約の1年延長に合意したジルーは「もうすぐ34歳になるが、僕の体はあと数年、最高のレベルでプレーできる状態だ」ともコメント。去就が不透明だった今年1月の秘話を明かすとともに、さらなる活躍を意気込んだ。

「クラブを去りそうだったが、本心はそうしたくなかった。ユーロに向けて試合に出る必要があり、ガファー(フランク・ランパード監督)と移籍の話をしたのは事実だ。彼は選手でもあったから、僕の状況に理解を示してくれてもいた」

「彼から多くのチャンスがあると聞いたとき、ただその言葉を信じることにした。アーセナル時代のように、チャンスを掴むために必死で戦いたい。モチベーションもすごく高いよ。恩返しがしたい。新たな船出のような感覚だ。チェルシーでもっとタイトルを獲得したい」