4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。

今シーズンの開幕カードを戦った浦和レッズは、ホームに昨シーズン王者の横浜F・マリノスを迎える。

【明治安田生命J1リーグ第2節】
2020年7月4日(土)
19:00キックオフ
浦和レッズ vs 横浜F・マリノス
[埼玉スタジアム2002]

◆苦手克服へ! 新システムで連勝なるか 【浦和レッズ】

今シーズンから導入した[4-4-2]の新システムが功を奏し、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断前は公式戦2試合で8ゴールと攻撃陣が絶好調だった浦和。なかでも、アルビレックス新潟から加入した昨季のJ2得点王であるFWレオナルドは周囲との息もあっており、2試合で3ゴールと早々にフィットしている。さらに練習試合とはいえど、新加入のDFトーマス・デンがFC町田ゼルビア戦でそのポテンシャルを発揮しており、期待が膨らむところだ。

しかし、再開初戦の相手となる横浜FMには直近3年間のリーグ戦で1勝5敗と苦手にしている。さらに、リモートマッチ(無観客試合)となるため、サポーターの声援がなく、ホームでありながら後ろ盾がないことが不安材料になりそうだ。

予想スタメン
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、トーマス・デン、岩波拓也、山中亮輔
MF:関根貴大、柏木陽介、柴戸海、汰木康也
FW:レオナルド、興梠慎三
監督:大槻毅


◆J屈指の選手層で今季リーグ戦初勝利なるか【横浜F・マリノス】

J1リーグ連覇を目指す横浜FMは、開幕戦でアタッキングフットボールを披露したものの、守備陣のミスが相次いでガンバ大阪に1-2で敗北。さらに、中断期間の6月中旬に守護神のGK朴一圭が2カ月の長期離脱を強いられるなど、早くも暗雲が立ち込めている。

一方で右第5中足骨骨折を負っていた守備の要であるDFチアゴ・マルチンスが練習復帰。さらに、アンジェ・ポステコグルー監督が掲げるアタッキング・フットボールを知るベルギー2部のロケレンへレンタルしていたMF天野純が復帰し、攻撃的サイドバックのDF小池龍太が完全移籍で加わった。

また、今季のJリーグでは試合方式が変更され最大5名の選手交代が可能に。この措置は、Jリーグ屈指の選手層を誇るJ1王者にはプラスに働きそうだ。

予想スタメン
GK:梶川裕嗣
DF:松原健、實藤友紀、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:喜田拓也、扇原貴宏
MF:マルコス・ジュニオール
FW:仲川輝人、エジガル・ジュニオ、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー