マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが6月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞に輝いた。

今冬にスポルティング・リスボンから加入したばかりのB・フェルナンデスだが、早々にフィット。公式戦15試合に出場して8得点7アシストのインパクトを残して、公式戦17戦無敗を続けるチームの大きな原動力として圧倒的な存在感を解き放っている。

6月のプレミアリーグでも勢いが止まらず、新型コロナウイルスによる中断明けの3試合で3ゴール。来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるチームが勢いづくなかで、7月に入っても輝き続け、2試合で2得点3アシストの活躍を披露している。

そして、プレミアリーグは10日、6月のプレミアリーグ月間最優秀選手として、B・フェルナンデスの受賞を発表。ポルトガル人技巧派MFの受賞は2月に続いて2カ月連続となる。

2カ月連続の受賞はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー以来(2018年3月と4月)。ユナイテッドでみると、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド以来(2006年11月と12月)だ。

また、6月のリーグ月間最優秀ゴール賞でもB・フェルナンデスが第32節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で決めたボレーシュートでの一撃が選出。プレミアリーグ月間最優秀選手賞とのダブル受賞は史上初となる。