チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、チームに対してノリッジ戦でのバウンスバックを求めている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。

チェルシーは前節、シェフィールド・ユナイテッドとのアウェイゲームで0-3の大敗を喫した。この痛恨の敗戦により、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位転落の可能性があったものの、4位のレスター・シティ、5位のマンチェスター・ユナイテッドがいずれも取りこぼしたことで、わずか1ポイント差で3位の座をキープしている。

14日にホームで行われるプレミアリーグ第36節では、すでに降格が決定している最下位のノリッジ相手にブレイズ戦の大敗払しょくが求められるところだ。
ランパード監督は4連勝中のスタンフォード・ブリッジにカナリーズを迎える一戦に言及。対戦相手に最大限のリスペクトを示すと共に、ブレイズ戦から幾つかのポジションでメンバー変更を示唆している。

「パフォーマンスが安定しているわけではないが、ここ最近のホームでの戦績が良いことは自信に繋がる。とりわけ、ワトフォード戦でのパフォーマンスを継続する必要がある」

「我々はノリッジを最大限尊重する必要がある。彼らは質の高いプレーヤーを抱えているし、私は今シーズンに彼らの多くの試合を観てきたが、不運な形で結果が出なかったという印象だ。それがプレミアリーグの本質でもあるが、我々は非常にタフな試合を予想している」

「私が管理しているのは競争力を持ったグループだ。ミスを犯したり、求められる水準に達していない場合、トレーニングから良い仕事を見せている別の人間が代わって入り、同等かそれ以上の何かを提供してくれる。同様に、スカッドをフレッシュにするということも考える必要がある」

また、今回の会見の場ではランパード監督に対して、マンチェスター・シティのチャンピオンズリーグ(CL)の出場停止処分撤回に関する質問も飛んだ。

シティが来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止を科されていた場合、今シーズンのプレミアリーグで5位に入ったチームは、繰り上げという形でCL出場が可能となっただけに、熾烈なCL出場権争いを戦うブルーズの指揮官にとっても関係のある話題だった。だが、ランパード監督は他クラブの状況には深入りせず、あくまで自分たちの戦いに集中するつもりだ。

「私はその一件に関して非常に中立的な立場だった。詳細についてもあまり知らない」

「そして、今朝に皆さんと同じように結果を聞いただけだ」

「個人的にこれから先の試合以外のことまで考える気はない。我々としては残り試合で勝つことだけを求めており、それができれば来シーズンのチャンピオンズリーグに出場できるからだ」

「彼らに代わって別のチームが出場権を得られるということに期待を持っていなかったし、我々は自分たちのことだけに関心を抱いている」

「唯一の関心はこれからの試合だ。つまり明日のノリッジ戦、リバプール戦、ウルブス戦というリーグ戦だ。我々は今シーズン、様々な形で自分たちが3位の位置に相応しいということを示してきた。そして、自分たちの仕事を完了させる必要がある」