セレッソ大阪は14日、FW山内寛史の負傷を発表した。

クラブの発表によると、山内は11日に行われた明治安田生命J3リーグ第3節のロアッソ熊本戦で負傷。左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治は6週間とのことだ。

山内は、今年2月のトレーニング中に左肩鎖関節脱臼のケガを負い、3月に手術。全治3カ月のケガから復帰し、今シーズンのJ3リーグで開幕から3試合連続で出場していた。