ドイツ代表FWレロイ・ザネがバイエルン移籍後初のトレーニングを実施した。

今月初旬に移籍金4900万ユーロ(約59億8000万円)の5年契約でマンチェスター・シティからのバイエルン入りが決定したザネ。後に背番号も「10」を背負うことが明らかとなり、大きな期待を集めての加入となる。

そんなドイツ人アタッカーが14日、バイエルンの練習施設で移籍後初始動。先のDFBポカール決勝で長期負傷離脱から復帰したドイツ代表DFニクラス・ジューレとともにランニングやボールエクササイズで汗を流した。

サネはクラブ公式サイトを通じて、「個人的にこうやってまたピッチに戻り、初めてのトレーニングに参加できて良かった。ここに来れて嬉しいよ」とコメントしている。

なお、今季のブンデスリーガとDFBポカールの2冠に輝いたバイエルンは8月にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのチェルシー戦を予定。突破すれば、バルセロナとナポリの勝者と激突する。